管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
antony and the johnsons
b0042407_1462281.jpg
THE CRYING LIGHT [from TOWER.jp]
昨日、ひっさびさに渋谷に行ったのでタワレコに寄ってずっと買おうと思っていた↑コレを買いました。最近「ジャケ買い」なんて滅多にしないのだけど、これはもう、見た瞬間にアーティストが誰であれ「買おう!」と思いました(笑) このすごいジャケットに写っている人は、かの有名な舞踏家、大野一雄氏です。



この凄いCDを作っちゃったのが、NYのアントニー・アンド・ザ・ジョンソンズというバンド、というか、ほぼVo.アントニー君の個人プロジェクトです。
私が彼の存在を知ったのは↓下のアルバム。あーでもこのアルバムが出たのは4年も前なのですねぇ。ジャケットにウォーホルのミューズ、キャンディー・ダーリングを持ってくるという…これまた凄い…(笑)…わたしゃツボ突かれまくりなんですけどもw 「Hope There's Someone」のMVなんて、モロに「Sleep」とか、ウォーホルの映画ぽいもんね。つまり、アントニー君はこういうセンスをお持ちの「乙女な兄さん(ただし、ちょい太め)」なワケです^^ で、当然ルー・リードは彼を大絶賛w 新しモノ好きのビョークもご贔屓、ということで話題になっておりました。

 そしてようやくリリースされた新作は、ジャケットに彼が尊敬しているという大野一雄の写真をもってくるという・・・ある意味、主義主張が一貫しているというか(笑) それにまたもや私はハートをグッと掴まれちゃったんですよね^^
>あ、もし興味があれば、大野一雄氏の映像も見てみていただきたいです。YouTubeでもいくつか上がってます。私は残念ながら実際に見る機会はなかったのだけど、以前テレビで偶然見た彼の舞踏のあまりの凄さに衝撃を受けて、泣きそうになりました。

アントニー君のマイスペに行くと、曲やPVが試聴できますので、気になった方は行ってみてくださいまし。
曲のテイストとしては、クラシック要素の強いソフトオルタナ、という感じ。
同じ組合w のルーファス・ウェインライトほどポップにドラマチックではないです。やっぱり、というか体型を反映してか、声は結構太いです(笑) 
b0042407_1464336.jpg
I AM A BIRD NOW [from Amazon]
[PR]
by izuminz | 2009-03-16 15:10 | music
<< 聴きたくなーーいっ! R.I.P. Lux Inte... >>