管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
花田選手 50歳おめでとー^^ その2
b0042407_1254020.jpg2週間ぶりのご無沙汰です^^;
좀 일이 바빠서…TT

もう1週間経っちゃいましたが
七夕の日、ワタクシは新宿ロフトに「20年来の彦星さま」(爆)
に会いに行ってきました^^

彦星さまとは、この日主賓(?)の花田選手ではなく、私にとっては日本一のギタリスト。
下山淳 大先生
のことであります^^




しかしですねぇ、このところホントにアホみたいに忙しく。。。体調万全でライブに臨みたいと仕事頑張ってたんですが、当日になってもなかなか終わらず。結局前日から寝る時間がなく、家に風呂&着替えに戻っただけでロフトに向かいました。それでも開演ギリギリ。ライブ始まる前からすでに倒れそうでした(苦笑)
 2週間前の恵比寿は一人で見に行ったんだけど、今回は福岡時代からのつきあいで、東京に移住してからも時々ライブにつきあってくれる10年来の友達が同行してくれました^^ ThanXXX!
ロフトに入ると、まぁ、混んでるのは分かってたけど、ホントに混んでて^^;
ロフトに行ったことがある人ならお分かりでしょうが、大きな柱があるので非常に見にくいのです。こりゃモニター見て過ごすのか? なんて思ってたところに、
あららジプシーズが出てきちゃった。うりチングが何とか右サイドでステージを観られるところを探してくれて観戦開始。

Rock'n Roll Gypsies are;
Vo/G:花田裕之、G/Vo:下山淳、B:市川勝也、Dr:池畑潤二


1:Walking the Dog
2:風の跡
3:Lazy Sun
4:Lucky Love
5:只の夢
6:Hangfire
7:Crazy Romance
8:N.W.O
9:Truckin'

まずジプシーズレポはさらっとね^^
つーか最近全くジプシーズのライブ行ってないし、カヴァー曲のタイトルよう知らんし、ってんで、曲名教えちくれーとこのライブに来ていた某レコード会社に勤める「る」仲間に後日連絡したところ、レポUPしてる他人のブログのリンク送って来やがったw つーわけで、パクってすみません。某所の方^^
まーこのラインナップでワタクシ的に注目ならぬ注耳したのはやっぱ「Crazy Romance」と「N.W.O」ですかね^^
とくに「N.W.O」は先生のヘロヘロVo.(笑)を久々に聴いた^m^ 先生は病み上がりだったそーで心配してたんだけど、音のデカさ相変わらず^^;
全然大丈夫みたいですね。でも、もう51だからね。お大事に。。。

ジプシーズを見ていたステージサイドのスペースだと、下山先生が良く見えねぇっつーんで、終了後下のフロアに移動。意外とフロアのほうが空いてました^^;

Big Beat Session are;
Vo/G:延原達治(The Privates)、G:手塚稔(The Privates)、
B:市川勝也、Dr:池畑潤二


1:I'm a King Bee
2:Hey Girl
3:ロージー
4:Boogie Go Go
5:テキーラ

いやー、プライベーツ見るのって何年ぶりやろー;; 今やOKAMOTO'S父としてのほうが有名かもしれないw 延原の若さにビックリ@@ 友達と「若いねー変わっとらんね~」って言ってました。それよか、かつてはイケメンギタリストだった(いちお今もね)手塚ショーネンのほうに年月を感じたよ^^
「Hey Girl」を歌った後の延原のMC。
「今日は、花田さんの50周年…生誕50周年記念バースデーアニバーサリーライブで演奏できて幸せです。ありがと。俺たちリハーサルして、結構レパートリーあんだけど、全曲はやんないよ。ルースターズの曲も何曲かできるし。ストーンズの1stは半分できる(笑)この4人で。では紹介さしてもらいましょう~もう1回、ベースギター市川勝也、ドラム池畑潤二さん、ギター手塚稔さん、俺延原です。どうぞよろしくお願いします」
と言って「ロージー」に入っていくところがなかなかニクい展開でしたね^^
「気まぐれロメオ」やんないの?って密かに思ってましたがw さすがにやんなかったね^^;
2nd MC「花田さん出会ったときからすごい優しい先輩でー、あのー最近では九州の能古島とか、兵庫県の和田山とか、んっとー普段行かないようなところで一緒に演奏することがありまして。今日は東京のど真ん中で一緒で。嬉しいです。ありがとう」
その後演奏した「Boogie Go Go」カッコよかったよーん延原~^^

テキーラを演奏後、延原が「おめでとうございます。誕生日。この後はルースターズ[ゼット]」と言ってセッション終了。面白かったですわー^^
「なかなか粋なはからいでしたな」とは某「る」仲間の弁。

そしてセットチェンジが入り。。。
つ…ついに、ROOSTER[Z] ですよ~~っ! 
やっぱ下山先生を近くで見たい!!!と、友人を置きざりにして(ごめんよ)激混みの中、一人前に突っ込んで行く40歳・徹夜明けw(←バカ) しかし、私より背の高いヤロー多すぎてあまり突っ込めず。結局フロアの真ん中くらいで見ておりました^^;

Vo/G:花田、G:下山、B:柞山一彦、Dr:灘友正幸 Kb:キハラ龍太郎
大歓声に迎えられ、まずは初期[Z]メンバーが登場。灘友氏aka「ちんこ先生」は、なぜか頭にターバン(爆) そして、かつては花田に次ぐ美貌だった柞ちゃんは、スキンヘッドで顔がまん丸。まさに「アンパンマン(命名:S先生)」になっておりましたw ちょっと前に下山先生のサイトに2人の写真が上がっていたのを見て、すでに驚いていたので今回はそれほど驚きませんでしたけどね^^


あのー…曲のレポ上げる前に一言言っておきたいんですけどね。

みんな一緒に歌いすぎ!!(爆)

ROOSTER[Z]ってそげん一緒に歌うバンドやったかいな?(笑)
ここはノレバン(韓国語でカラオケBOXの意)か!って思ったものw そういう私も思いっきり合唱してましたけどね(笑)(後でノドにくるくらいw)

1:Neon Boy
恵比寿のレポを上げたときに、予習は「Neon Boy」からやっておいたほうが・・・なんて言っていたら、思いっきり1曲目が「Neon Boy」だったので一人心の中でニヤリ^^♪(後日読み返したら「KAMINARI」て言うとりました;; 調子こいてすんません^^;)
アタマから花田選手と一緒に「♪ねおん・ぼっおーい!」って歌ったのは言うまでもありませんw

2:Transmission
3:Stranger in town
「Stranger~」のイントロ。下山先生お得意の例のフレーズ聴けたたけで幸せっすTT これは後にLOSER時代の「春夏秋冬」などでも聴けますよね^^
サビんとこの花田選手の「僕は~」って歌うとこ、大好きな曲です。先生のギターリフ炸裂TT ほんまええ曲っ。

ここで、Kb:キハラ龍太郎→安藤広一
花田に「誕生日おめでとうございました」と言って去っていったキハラ氏に変わり、安藤氏参戦。「アンディ~!!!」と客席からめちゃ声かかってました^^
アンディ、何でそんなに人気なんすか?(爆)

4:Venus In Furs
ご存知VUのカヴァーですが、これも大好きで今でも時々ふっと口ずさんでしまうくらい。演奏後、花田がぼそっと「ドラムス、砂漠の民」と言って灘友氏を紹介し、全員大爆笑w その後「灘友です」ってちゃんと言ってあげてたけど^^
 「おおおーっ!花田がギャグ言いよる@@ 今日はめっちゃゴキゲンやん!」
と思った瞬間でした^^

5:Drive All Night
砂漠の民が叩くイントロのタイコの抜けがクリアで気持ちよかったっすね~。
「♪どらいぼーなーあぁぁいっ」サビ大合唱^^

ここでアンディ退場。
花田「アンディありがとう」 下山「あんどうこういちーっ」と2人から送り出されてました。アンディ愛されてますねw
b0042407_132416.jpg
←これは懐かしの「Good Dreams」ライナー写真w
当時のアイドルばりの髪型をしたアンディに注目!(爆) この写真、どう見てもアイドルボコってる東北のヤンキー(S先生)にしか見えません^皿^




6:Criminal Rock
7:No No No

この2曲を一気にぶっとばされてもう倒れそうでした。こんなに重くて最高にカッコいいロックンロール、なかなか聴けないよ。いやーシビれたっす。「No No No」の「苦しみもなく、寂しさも知らない奴なんて、好きになれないさ」って歌詞がめっちゃ好きなんですよね。これを花田が歌うからさらにカッコイイ♥

そしてここで初期[Z]の演奏終了~^^
正直、リズム隊2人はかなりブランクがおありになったはず。しかし、そんなことは微塵も感じさせないほど素晴らしい演奏でした。すげーよーみんな。。。
寡黙な花田よりさらに寡黙な柞ちゃんは客席に視線をやった後、無言で去っていきましたが^^; 一方の灘友氏。「あのーワタクシは現在失業中で、不幸の真っ只中にいるんですけど、こういうイベントに参加できて本当にすごい、幸せです。これもジプシーズというバンドで花田と下山淳ちゃんがずっと続けてきてくれたから、そういうことがあったからこそ出来たんだと思います。ちなみに・・・ジプシーズは新しいCDが出るようですのでみなさんお買い求めください。よろしくお願いします。この後は最終型のROOSTER[Z]でーす」
と、“砂漠の民”はいかにもなほのぼのMCをして去っていかれました^^ 
めちゃ笑ったけど何だかね、ジーンとしちゃったよ;;

セットチェンジをしている間、ステージの幕に張られたスクリーンで23年(?)前の「FOUR PIECES Live」の映像が流されました。
みんな若ーーい! 花田選手めっさ男前~♪ 下山先生化粧濃すぎるよ~! なんて思いながら懐かしく見ておりました^^

Vo/G:花田、G:下山、B:穴井仁吉、Dr:三原重夫 Kb:朝本浩文
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁTT
いよいよ私がずっと観たいと思っていた「FOUR PIECES」[Z]ですよおぉおぉ 

8:Gun Control
下山先生のギターが鳴った瞬間もう(壊)
アドレナリンどひゃー!!! 鳥肌ドバー!(以下説明不能)

9:再現できないジグソウパズル
これがまたねぇ、重夫ちゃんのチッチッてリズム刻むところからシンセ入ってものすごいドライヴしまくりの先生のギターに突っ走っていくイントロなんですが、あまりに凄すぎて観客みんな「うぉーーーっ!!!」とか雄たけび上げてるんですよw 以前「もう泣く」とか書いてたけどw 本当に泣けた。泣いてしもた。ライブで曲を聴いて泣くなんて久しぶりだよ! もう筆舌に尽くしがたいカッコよさTT これを聴くために22年待ったかもです。
「♪失われたコードを探し求めて…」もちろんフルコーラス一緒に歌いましたよw

10:Naked Heavy Moon
この曲、サビのところで 「♪へびぃむうぅーん」っていう下山先生のコーラス入るんで楽しみにしてたんですけど、観客がコーラスめっちゃ合唱するんで先生の声全く聴こえず(笑) ま、私も歌ってたけどさぁw

11:Oh! My God
いやいやすごいよ、ここまで飛ばしまくりですよ。めっさ早い曲ばっかりですよ。重夫ちゃん体力大丈夫すか~?^^ 先生の間奏がカッコイイ曲です♪

12:Everybody's Sin
♪ピロピロピロ……ってイントロ聴こえてきた瞬間、
「わわっ!下山先生の曲だっ!!!」
一緒に歌ったのはもちろんですw ♪あーしーたーにーなーれーばー
花田選手が吐き捨てるように歌う「えびばりしーん!」っていうコーラスが好きだったりします^^
歌った後で先生が「三原重夫~」って名前を呼んであげてたんですけど、なぜここでそう言ったかは重夫ちゃんのブログを読めば分かります^^ すげー@@このために作りなおしたのね! あの音!! 重夫ちゃんステキすぎるよ!!!

13:鉄橋の下で
先生が10弦エレアコ(手元全然見えなかったのでたぶん;;)に持ち替え、音出した瞬間この曲をやるんだなっ!って分かりました。名曲っすよ、名曲。
「橋」繋がりで言うと、重夫ちゃんが在籍していたローザの「橋の下」に並ぶ名曲。あぁ、この曲がこのメンバーの演奏で聴けるなんてなぁ…TT

14:Hurt by Love~15:Land of Fear
この2曲の流れ、「FOUR PIECES LIVE」と全く同じでした~TT 
「Hurt~」から自然に、花田のボーカルで「♪When I walk through the Land of Fear…」と入っていくところがめちゃカッコよくて大好きなんだけど、これを再現してくれて大感激でした!!!
当時、ルースターズからJulian Cope→Teardrop Exprodesとたどってめちゃハマって聴いていた頃が懐かしいです^^ ライブも行ったなー。昔はイケメンだったSaint Julian^m^

16:曼荼羅
下山先生Vo.の2曲目~♪ 重夫ちゃんのドラムから入るところがカッコイイんだなー、これがまた。超~音デカくてブッ飛ばしながらエスノ風味のフレーズを弾く、先生のギターがサイコーなのであります^^

17:(Standing at)The Cross Road
この曲の吐き捨てるような花田選手のVo.と、エンディングでロールする重夫ちゃんのタイコが大好きなんですよね^^

18:Passenger
個人的にはこの曲の演奏がこの日のベストではなかったかと思う。
正確にはこの曲、最終型[Z]の曲じゃないんだけど、なんかねぇ、20余年のブランクなんか全くなかったかのような驚異的な一体感があった。
もうさぁ、もっとボキャブラリーないのかよ!って自分に思うけど(笑) 本当に素晴らしかった。鳥肌立ったもん。すごいもの見ちゃったよーー@@って。 

ここで本編終了~^^
重夫ちゃんが「今日は長ズボンでーす」と言って去って行ったんだけどw 人が多すぎてズボン見えないよ! つーか、ライブ中何度も重夫ちゃんを見ようと背伸びしたりしてトライしたんだけど、周りが男性ばっかりだからぜんっぜん見えなくって、アタマのてっぺんくらいがやっと。今回、重夫ちゃんのプレイを見るのもめちゃくちゃ楽しみにしてたのに…。それだけがちょっと心残り;;

Encore:1
花田選手がメンバーを一人ずつ呼び込み、「池畑潤二…キハラ龍太郎…柞山一彦…下山淳…そして今日九州から来ました、大江慎也!」
おおお大江だーー@@ 来ちゃったのか、大江。
今日は[Z]祭りなのになぁって思ってたけど、後日、某「る」仲間が「良く考えたら[Z]時代、いたんだよね」というメールをよこしてきて、「あ、そうか。」と思いなおしましたが;;
個人的に大江を見るのはFRFのラストライブ以来だったんですが、さらに“大きく”なっておられ、「うわードラえもんみたいになってるよー大江ー;;」 
大江は出てきた後、いきなり「えっと、今日薬は…」と何やらブツブツつぶやいておりましたw

Vo:大江慎也 G:花田、G:下山、B:柞山一彦、Dr:池畑潤二 Kb:キハラ龍太郎
19:カレドニア
歌い出すとやっぱ大江なんだよねー。この曲、当然生では初めて聴いた。
どうせなら「ニュールンベルグ」とかもやってほしかったなー^^

20:恋をしようよ
「やりたいだけ!」をしつこくリピートして「もういいやろ?」って言ってましたがw
当然すげー盛り上がりました^^

あっという間に大江退場^^;
B:穴井仁吉、Dr:三原重夫 Kb:朝本浩文にチェンジ。

21:So You Wanna Be a Rock 'N' Roll Star(The Byrds)
下山先生Vo.3曲目~^^ この曲聴いたことあったけど、曲名分からず、後日「る」仲間に教えてもらいました^^;(カバーにめっぽう弱いオレ)

ここで先生がメンバー紹介^^(以下コメント)
「嵐のように大江慎也が去っていきましたが…大江慎也~!は、出て来ないよ(笑) 大江はもう船に乗って帰りましたので…ベース穴井仁吉~」
「ドラム三原重夫ー!」と紹介し、重夫ちゃんがソロをやった後、
「彼も何気に50歳ですので、よろしくお願いします」
「えーこの中では若手です(笑) キーボード朝本浩文ー! 永遠の青年(笑)」
「そして、2週間の長きにわたり、ずーっと誕生日パーティをやっている…花田裕之On Guiter~^^」

花田「下山淳!」(名前呼ぶだけかいっ!)

22:Searchin'
重夫ちゃんのダッカダッカダッカというドラムから入って一気に飛ばした「FOUR PIECES」[Z]メンバーでの最後の曲。
うぅぅぅぅぅ;; 最後までカッコよかったっす~~TT
演奏後、先生が一人一人名前を呼んでメンバーを送りだしました^^

Encore:2
Vo/G:花田、G:下山、B:柞山一彦、Dr:池畑潤二 Kb:キハラ龍太郎
「柞山、龍太郎、下山、慎ちゃん…」と花田に呼びこまれ、また出てきた大江。
何やら紙を取り出し…「テン・キュ・ケイム・トゥ・フォ・ハナダ・ナガレ・プレミアム(Thank You Came to for Hanada Nagare Premium)」とめっちゃ棒読みの英語で言うとりましたw

23:Good Dreams
うわー!この曲聴けるとはー!!! 昔ねぇ、よく「Paranoiac Live」のビデオ見てたんですが、大江がベッドの柵にアタマ突っ込む映像が何だかフラッシュバックしてきちゃいました^^; 歌の下手さ相変わらず、でもそれが大江^^

最後に大江が、「よい夢が見れますように、みなさん」って言ったんだけど、
約4時間、本当に夢のようなライブでしたTT
その後、「終電で帰れよ」って大江言うて笑いを取ってましたけどねw
多少曲順は違ったけど、ほぼ完全に「FOUR PIECES LIVE」を再現してくれたセットリスト。いやー、もうねぇ、このライブ盤もライブビデオも、昔どんだけ繰り返し聴いた(見た)か!(笑)
それがね、22年経って、こうやって観れた。とんでもなく素晴らしい演奏を聴かせてくれたROOSTER[Z]の皆さんにホント、感謝ですTT

たぶんね、探せば元「る」MLメンバーとか、知り合いがいっぱい来てたと思うんだけど…昔MLでお世話になったY姐さんに会ったくらいで、仕事が残っていたのですぐ帰っちゃいました。その後会社に戻って朝まで働いたんですが;; もう「燃え尽きた灰」のようになっており(苦笑) あまり仕事がはかどらなかった、というのはココだけの話w


打ち上げの写真が灘友氏のブログにUPされてました^^ 
ちんこ先生、主役の花田よりも、大江よりも前で目立ってます(爆)
わー!重夫ちゃんはホントに長ズボンだ!(笑)

ほいでねぇ、何と言っても、重夫ちゃんのブログですよ。
「人のケツ見てブログ」
私は2年前くらいに偶然見つけて以来、ドラムについては全くわからんちんながらも、とっても惹きこまれる文章を書く方なので、時々覗かせてもらってたんです。マメな重夫ちゃんらしく、今回の企画の発端から、打ち上げまでをまさに「人のケツ」を見ているドラマーの目線から詳細にレポってくれています。特に本番のレポはねぇ、本当に感動的でこれ読んでまた泣いちゃったよ;; 
最近は表立った活動よりも、ドラムテックとしてのお仕事が多いみたいなんだけど、あんな素晴らしいドラムを叩けるんだから、ぜひライブとかやってほしいなぁと思います。重夫ちゃん、お願いしますよ~;;

以上、下山先生ファン目線でレポをお送りしました^皿^
ここまでで、すでに異常なほどレポが長くなってしまったので^^;
個人的感想はまたの機会に書いてみたいと思います^^
(え? もうこれで十分だって?w)

【追記】勢い余って、roosterzカテ作ってしまいましたw
これから何をする気だ?オレ(笑)
[PR]
by izuminz | 2010-07-14 02:29 | roosterz
<< 「こんなことでもなければ現れな... 花田選手 50歳おめでとー^^... >>