管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
to be no music no life
最近、あまりにも音楽を聴いていなかったので、これじゃぁいかんとちょっと反省して気になっていたものを聴いています。
発売時期もジャンルもバラバラだけど、あるラインは保っているかなと(笑)
要はかなり偏ってるってことですね^^;



Ringleader of the Tormentors
Morrissey / Sanctuary
ISBN : B000E3LFZC
一番最近GETしたのがコレ。真面目にSMITHもソロも聴いてない私なので、何を書いても語るに落ちるという感じですが、最近聴いた中では一番良かった!
メロディーメーカーとしてのモリッシーを再認識。
というか、ウチら世代にこのメロディーはやっぱりツボなわけですよ(笑)

渋全
渋さ知らズ 上杉清文 / エイベックス イオ
ISBN : B000BW80JK
ずっとこの人たちの活動は気になっていながら、FRFにほぼ毎年のように出ているのにライブ見逃してるんだよね~。
「渋さ」の音楽はこういう感じなのね。と今さら確認。ライブが評判いいってのがよく分かりました。こんなCDがエイベックスから出てるってとこにも注目(笑)

バック・トゥ・ベッドラム(初回限定スペシャル・プライス)
ジェイムス・ブラント / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B000BR2MD0
最近、こういう吟遊詩人系とでも言うんでしょうか、アコースティックなサウンドをウリにした男性ソロアーティストが人気で、この人はデビュー作が全英チャート1位とかになっちゃったそうですが、イマイチピンと来ず。こんな音楽がヒットしてしまう現在のシーンを考えると、やっぱしJeff BuckleyやElliot Smithの不在を嘆いてしまうわけです。

エル・プレジデンテ(3ヶ月限定スペシャルプライス)
エル・プレジデンテ / BMGファンハウス
ISBN : B000CFWP5G
結構音楽雑誌とかで騒がれてるので、気になって聴いてみたんですが、昔の焼き直しの域を出ていない。アプローチが多少ファンキーなのが他と違うとこかな。でもグルーヴ感が全くないんだよねぇ~^^; 
サウンドよりもビジュアル先行ってとこはとってもNW臭いと思いますが(笑)
ここ数年のNWリバイバルブームはそろそろ終止符かな、と思える1枚。

ネクスタデイ
リック・オケイセック / BMGファンハウス
ISBN : B000BV7TF2
元カーズというより、最近はWeezerのプロデューサーと言ったほうが若者には知られてるかもしれない(笑) オルタナ/パワーポップの父的存在になってしまったリック・オケイセックの8年ぶりのソロ。未だに「Heartbeat City」のアナログを手放せずにいる私としては、カーズ時代のポップセンスも、声もそのままでうれしくなっちゃいました^^

Dear Deadman
STRAIGHTENER / 東芝EMI
ISBN : B000E6G6MG
メジャーデビュー当時から、うりブログでもプッシュしていた彼らの3rd。ぼんやりしてる間に、この人たちは驚くほど人気が出てるようですが(苦笑) 彼らの持ち味である鳴きのメロディーは相変わらず。だけど「相変わらず」なんだよねぇ~(笑) 多少打ち込みなんかも入れて、変化しようと頑張っているようですが、いつももう一歩足りない。
M4だけはどうしてもスキップしてしまいます。いくらradioheadのファンだからといって、この曲はあんまりだろう、という…。Underworldみたいな曲もあったしなぁ…。いろいろ文句ばっかり書きましたが、Getしてからは毎日のように聴いていました(爆) 余計なことを何も考えずに聴くととてもいいアルバムです^^;

STANII
STAN 西井鏡悟 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000DZJKB2
うりブログで1stがなかなか面白いと以前書いていたんだけど、2ndでさらにはじけてくれるかと期待してたら…(苦笑) この人たちはもう少しいろいろと修行が必要です;; でも「修行」って言葉が一番似合わないバンドでもある^^
[PR]
by izuminz | 2006-04-08 16:49 | music
<< 年に1度の恒例行事 指定ワードバトン「オン・ジュワン」 >>