管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
TIFF観覧記 New Chinese Power
b0042407_6445782.jpg今日で閉幕する東京国際映画祭。今週は時間をやりくりして(仕事ほったらかしとも言う;;)、ほぼ毎日六本木や渋谷で映画見てました(笑)
中国、香港、台湾映画もがんばっていくつか見たんですが、中でも面白かったのが「十三の桐」という中国映画。ボーイッシュな中学生の女の子を主人公に、学校生活を描きつつ、中国における教育問題や体制批判も盛り込まれた、とても興味深い作品でした。上映終了後、ティーチインがあったのですが・・・
←これが主演女優のリゥ・シン(劉欣)ちゃん、17歳。
この子が登場した瞬間、会場がどよめきました^^ なぜなら彼女、映画のキャラそのままに、男の子みたいな格好と歩き方で現れたんですよ(笑) 思わず「うゎ、そのまんまだ!かわいいーっ!」と口走ってしまいました^^;




b0042407_6451915.jpg《十三棵泡桐》亮相东京电影节 刘欣清新可爱
【from sina】
顔も声もすごく可愛らしい女の子なのに、身振りがもろに男子(笑) 中国では、いま
「超級女声」という中国版「American Idol」なオーディション番組が大ブーム。
その番組出身のボーイッシュな女の子に似ているとも言われてました。その人気の余波で、中国ではボーイッシュな女の子が流行ってるそうなんですが、いや~この子のキャラにはちょっとしたカルチャーショックを受けました。中国の子供たちって凄いことになってるのね^^; リゥ・シンちゃんはこの作品が初主演ながら、すでにキラリと光る存在感を醸し出していたので、数年後には中華圏に名を轟かせる女優に大化けするかも。中華圏では初の青田買い決定!(笑)
 ほかに、「Crazy Stone」「不完全恋人」「永遠の夏」「ドッグ・バイト・ドッグ」 「イザベラ」「父子」を観ましたが、この6本の中では「Crazy Stone」が面白かったです^^ ティーチインに主演俳優のグォ・タオ(郭涛)さんが登場したのですが、映画ではどうしようもない倒産寸前の工場のオヤジだったのに、ご本人はとてもスマートな方でカッコよかったです。
 これだけまとめて中華系の映画を見たのは初めてだったのですが、韓流の余波で落ち込み気味だった映画界を再興するような、ベテラン監督の底力や、若い監督たちの勢いみたいなものが全体から感じられました。うかうかしてると、日本や韓国はアッサリと追い抜かれて置いていかれるかもしれないなぁ。
[PR]
by izuminz | 2006-10-29 08:14 | china
<< モグモグo"(^¬^... ばくれつとし? >>