管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ViVa! Rufus!!!!
b0042407_256226.jpg
 今日は国際フォーラムにRufus Wainwrightを見に行ってまいりました。
ルーファス、最高っっっ!!!049.gif049.gif049.gif



b0042407_4281465.jpg今回は’98年のデビュー直後に来日して以来、10年ぶりの来日公演だった。全く一方的な思いだが、Rufusには長年の因縁みたいなものを個人的に感じている。書きだすと長くなってしまうが、今日はちょっと書いてみようと思う^^

 アルバムをリリースするたびに高い評価を受けていたのを知っていたにもかかわらず、私はほんの数年前まで、ずっと彼の音楽が「聴けなかった」。RufusがデビューしたのはJeff Buckleyが亡くなって間もない頃。世界中のJeffファンが、大きな喪失感を抱いていたとき、どこかルックスも似た、とてもナイーブな歌を歌う男性ソロシンガーが現れたのだ。Jeffのファンの間ではかなりの話題になっていたのを思い出す。でも当時の私は曲を聴いても全く受け入れられなかった。だから2ndの「Poses」が出たときも一切聴かなかったくらいだ。b0042407_4373983.jpg
 さらに数年後。本当に偶然に3rdアルバムの「WANT ONE」を聴く機会があった。聴いた瞬間に「あれっ?」すんなりと彼の歌が聴けていたことにちょっと驚いた。アルバムの出来が本当に素晴らしくて、デビューの頃に抱いていた「わだかまり」みたいなものが一気に解けてしまったのだ。それからはアルバムが出る度に買って聴き続けていたのだが…。
b0042407_4441049.jpg







b0042407_4521859.jpg
そして今日。
いきなり、↑この写真のようなド派手な衣装に身を包み、ステージに登場したRufus。バックメンバーのガッチリした演奏もあいまって、歌っているときは神がかり的な雰囲気さえ漂わせるのに、MCになった瞬間「おばちゃん」に変身(笑) 小柄でムッチリとした体をクネらせながら、おネエ言葉で喋る様子はエルトン・ジョン予備軍って感じ^^; 後半は「Release The Stars」のスリーブ内でも着ていた半ズボン→で登場するし(笑)

 そしてサプライズはメンバー紹介のときにやってきた。Rufusがドラマーの名前を呼んだとき、「ハッ!」とわが耳を疑った。彼はなんとJeffの1stアルバムのときのドラマーで、来日公演にも帯同していたMatt Johnsonだったのだ! 「うわーーーっ!こんなところでMattに再会できるなんてーーーっ!!!」(号泣) それからはもう、ずっとドラマーに目が釘付け(笑) かなり前からRufusのバックをやっているのを知っていたはずなのに、すっかり忘れていた自分が情けなかったが;;
b0042407_53589.jpg
 そしてアンコールでは白いバスローブ姿で登場。ピアノを弾きながら2曲ほど歌った後で、ステージ上で大きな指輪とイヤリングをつけ、唇にルージュをひいてヒールを履き、バスローブを脱ぐと……そこにはミュージカル女優Rufusの姿が!(爆) 気分はガルボかディートリッヒか?って感じ^^; バックのミュージシャンたちもダンスに参加するというおまけまでついて、会場は総立ちで大盛り上がり!!! 最高のエンディングとなった。
これまで、アルバムを聴くくらいで動くRufusを見たのはこれが初めてだったけど、最高にキュート! 終演後、友人曰く「ものすごい高級なショーパブみたいだった(笑)」と。確かにノリはそうだったけど、何よりもRufusの歌が本当に素晴らしかった。こんなショーなら、いくら払っても惜しくはないよ~。10年なんて空けないで、また次のアルバムが出たときは日本に来てほしいなぁ…。

 元々はLeonerd Cohenの曲だった「Hallelujah」という曲。
かつてJeffが持ち歌かのようにカヴァーしていたこの曲を、最近Rufusもよく演奏しています。デビュー当時はあえて語らなかったものの、後年「Jeffの存在は大きかった」と認めたRufusの歌い方は、かなりJeff寄りだと思うんだよね…。(リンクはすべてYouTubeより)
[PR]
by izuminz | 2008-01-24 03:09 | music
<< 감사합니다^^ 再会の街で >>