管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LEO今井 「Fix Neon」
b0042407_22151060.jpg
 最近、超・スーパー・ウルトラ・パワープレイ中(笑)
こんな才能、10年に一人出て来るかな? ってくらいの凄いアーティストです。



Metro
LEO今井 / / EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
ISBN : B000YY68JE

1月某日。いつものように夜更かししててBGM代わりにMTVをつけて流してたら、突然耳に飛び込んできたのが↑この曲。「だ、誰やっ?」 
しかしPVって大体、頭と最後にしかタイトルや名前が出てこないもの。結局最後まで画面を食い入るように見て、ようやく名前が分かり、即刻PCで検索^m^ 翌日には渋谷のタワレコにCDを買いに行ったという対応の早さ(笑)
CITY FOLK
LEO今井 / / 3d system(DDD)(M)
ISBN : B000GLL2NW

「CITY FOLK」のジャケを見て、なぜだか「メシ喰うな」の頃の町蔵を思い出しちゃいました(笑) ま、音は全然違うけど、才気(Psycheともいう^^)溢れてる感じが似てるかもw 「Embarrasment」「河童の歌」「火の気のない部屋を残す我ら」とかメチャいい曲っす。
ミニアルバム「CITY FOLK 0.5」のほうは、曲がアルバムに比べるとシンプルなので彼のベーシックな資質みたいなのがよ~く分かりますよ。

Fix Neon
LEO今井 / / EMIミュージック・ジャパン

↑そしてついに先週発売されたメジャー1st。
いやぁもう、ず~っとコレばっかり聴いてます(笑) これほどハマった日本のアーティストは久々じゃないかなぁ。
一番惹かれるのは彼の声。別に歌が上手いわけじゃないけど、低い声で淡々と歌う感じがいいんです^^ 実名を挙げると、イメージが限定されてしまうかもしれないが、イアン・カーティスとか「φ」の頃の大江慎也を思い出しました^^
 サウンド的には完全にUK、それも80~90年代の。これはおそらく彼のアルバムに関わっているKenji Jammer(鈴木賢司)の影響が大きいかと。1曲目の「Fix Neon」はギターがJames Iha(exスマパン)で、Ihaの1stソロアルバムを彷彿させたし、私が“一聴き惚れ”した「Metro」はZazen Boysの向井くん参加曲なので、モロに向井色強し^^ という感じで、曲は一緒に作業した人からの影響を感じるんだけど、それを凌駕するような彼の歌詞世界が本当に素晴らしいのです。英語はネイティブだからまったく違和感なし、日本語の歌詞が妙に丁寧だったり、古い言葉を使っているのも却って新鮮な印象^^ これは私の持論だけど、作詞の才能がある人って、曲を聴いた瞬間にくっきりと映像が浮かんでくるんですよ。例にもれず、彼もそうです^^V

 語りだしたらキリがないんだけどw 公式サイトやMyspaceなどで試聴できるので、気になった人は一度聴いてみてください<(__)> 気に入ったら、できればアルバムをちゃんと買って、ガッツリ聴いてほしい(^^♪ こんっっなに才能がある人、日本では絶対にしばらく出てこないですから、マジで^^
[公式サイト] [LEOブログ] [MySpace]
[CD Journal.com インタビュー] [So-net Musicインタビュー]

【追記】3/8 bounce3月号をもらってきたら、LEOのインタビューをやってたのが村尾泰郎さんだった(号泣) やはりLEOはツボるべくしてツボる人だったのねと納得。NEON FIX(ネオン中毒)ならぬMURAO FIXか? ワタシ^m^
[PR]
by izuminz | 2008-03-03 03:53 | music
<< Joy Division × ... マジックに癒される^^ >>