管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:art( 10 )
bankart and...

 今日はまだ平日ですが^^; 仕事がひと段落したので夕方から横浜に行ってきました。ずっと見に行きたかった「朝倉摂展 アヴァンギャルド少女」に。
御歳88歳で現役、赤い髪をしたカッコいいばあちゃん(失礼)という前知識しか私にはありませんが、これまでの活動をまとめたレトロスペクティブ的展示ということで、開催を知ってから楽しみにしていたんですよね。
 Bankartって前から一度行ってみたいと思っていたけど、建物自体、かなりいい感じだったなぁ^^ 骨組とかコンクリートの壁がむきだしになっていて。3Fの横のほうに横浜の夜景が一望できる大きな窓があったのも良かった♪
 展示のほうはというと、舞台設計のスケッチがメインで、あとは名作舞台のセットを1/2サイズで再現したもの、絵本挿絵や新聞小説用挿絵の原画、過去のテレビ出演映像などなど。(上の動画を見てください)。
若い役者さんたちがここで上演する芝居(舞踏?)の稽古をやっている、というのも展示の1つ、とされていたのは面白かった(ビックリしたけどw)
 欲を言えば、なんだけど過去に作った作品の1つでもいいから、原寸で完全再現してほしかったかなぁ。でも、テレビ出演時の映像で、「過去は振り返らない」とキッパリおっしゃっていたから、セットを再現したりすることはそれほど重要ではなかったのかも?

 その後、関内のほうにてくてく歩いて行きまして、STORMY MONDAYっていう店でライブを見てきました。
出演は、窪田晴男(G.ex:パール兄弟)、小滝みつる(Key)、安部OHJI(B.ex:子供ばんど)、矢壁アツノブ(Ds.ex:PINK)に、SPECIAL GUEST:ホッピー神山(Vo.ex:PINK)という、この名前を見てピンと来る人は笑っちゃうようなすごいメンツざんしょ?^^
 私はもちろん、ホッピーちゃん&カメちゃんのPINKチーム目当てで行ったんですけどね、狭い店内にいたほとんどのお客さんが互いに知り合いかメンバーと友達な人々で。人見知りな私はこういうシチュエーション、「相当」苦手でして(笑) かなり居心地悪かったですが;; ライブは面白かったですね。基本洋楽のカヴァーなんですけど、みなさん凄腕の本職ですから(笑) かなりユルユルながら決めるとこは決める、っていう。でも相当ユルかったですけどね;; そこらの素人オヤジバンドとノリは大して変わりませんでしたw(毒)
 2部の途中からいろんなゲストが乱入してきて、漫画家の久住昌之さんが1曲笑えるカヴァーを歌ったり、ホッピー先生&杉林恭男(ex:くじら)、イマサ(ex:バービー・ボーイズ)も入った大セッションも。
あ、あの・・・今、2010年だよね? と思ってしまうほどの信じられない豪華な顔ぶれが揃っておりましたね(笑)

 ルースターズメンバーもそうですが、80~90年代に第一線で活躍されていたミュージシャンの皆さん、ちゃんと活動を続けていらっしゃいますね。こういう小規模なセッションライブみたいなのは、あちこちで行われているみたいだし。
これってやっぱり東京(および近郊)だからミュージシャンもお客さんも集まれて成立するのかな、とは思うけど、今40~50代のミュージシャンって、やっぱり、「あの時代」をサヴァイヴしてきた強さ、ってのはあると思うんですよねぇ。

窪田晴男さんが歌っていた「Space Oddity」は何だか沁みたっすよ。。。
[PR]
by izuminz | 2010-10-16 02:47 | art
BLANK MUSEUM
b0042407_15271337.jpg
26~29日に原美でこんなイベントがあるようです。
主催はUPLINKの浅井隆さん。
音楽、映画、アートと貪るように吸収していた10~20代の頃、国内外の先鋭的なカルチャーを日本に発信していたUPLINKの仕事にはかなり影響を受けました。特に、デレク・ジャーマンの一連の作品を観たのはやっぱり大きい。Underground Cultureの面白さに目覚めたのもこの頃ですねぇ^^ とはいえ、このイベントに参加するアーティスト、知らない人のほうが多いんですけど;; 
そういや、「LUCIFER NIGHT」のケネス・アンガーさんにはかなり前、個展で来日した時に会ったことがあってw 至って穏やかなおじさんだったなぁという記憶が^m^(両腕TATOOだらけでしたがw) そのアンガーさんの映像に灰野敬二+ジム・オルークがからむとは、めちゃ面白そうじゃないですか^^
ジャーマンの「BLUE」上映コラボも面白そうですね。

原美は自転車で行けるくらい近所なんですが、最近全然行ってなかったし、ってんでちょっと行ってみようかな。でも開演時間が平日夕方とはちょっと早いなぁ。。。仕事が入らないことを祈りつつ。

以前、布袋が「スコルピオ・ライジング」ってアルバム出してたことがあったんですが、それはこのアンガーのショートフィルムがモトネタです^^
[PR]
by izuminz | 2010-08-12 15:54 | art
武満徹-Visions in Time
b0042407_9575391.jpg昨日、初台にある東京オペラシティアートギャラリーで開催中の
「武満徹-Visions in Time」展を観にいきました。

More
[PR]
by izuminz | 2006-05-28 10:44 | art
大竹伸朗×都築響一@ABC
b0042407_2434859.jpg今日は青山ブックセンターの本店で開催された、
「アートと出版をめぐって」大竹伸朗・都築響一対談に行ってきた。

More
[PR]
by izuminz | 2005-10-30 02:50 | art
ファン・ヨンチョル写真展
b0042407_23191210.jpg←このmisaペンにはおなじみの写真を撮影した、写真家ファン・ヨンチョルさんの写真展「日本語:見えない対話」が10月6日(木)~19日(水)までオリンパスギャラリーで開催されますよ~。misaの写真だけじゃないけど、韓流スターのポートレートとかも展示されるようです。
【詳細はこちら】(住所やアクセスもサイト内にありますよん)
 以前、ここでは肖像権問題で販売中止となった^^;写真集「The Man」の写真家の展覧会もやってました(笑) そのときは韓流ブームの真っ只中ということで、普段は真面目な写真展をやっているこのギャラリーに、「写真を売ってくれ」という韓流マダムが押し寄せたとか^^; misaペンの方々はそのようなことのないよう、マナー良く「作品」を鑑賞しませう^^V
[PR]
by izuminz | 2005-09-23 23:31 | art
ローリー・アンダーソン「時間の記録」
b0042407_2294643.jpg今日は、初台のオペラシティにあるICCに、ローリー・アンダーソン「時間の記録」展を見に行ってきました。
実は、名前だけは以前からよく知ってるけど、人に説明できるほど詳しくない^^;
まぁ、この展覧会のタイトルにもあるように「パフォーマンス・アートの第一人者」で、80年代に人気がピークだったことを知ってるくらい。あとは写真のように、今はルー・リードのパートナーってことくらいかな。(それにしてもすごい2shotだな、この写真^^;)

 私は音楽とかアートとか、何かとNYモノが好きなんですが、色々と好きなもや気になるものを点でたどっていくと、必ず線になってつながるんだけど、この人は、その線上に浮かび上がる人の一人です。 

More…。
[PR]
by izuminz | 2005-07-24 02:56 | art
Matthew Barney×Bjork
b0042407_22154861.jpgひさびさに面白そうだな~と思う展覧会を見つけました。金沢21世紀美術館で開催されるマシュー・バーニー「拘束のドローイング」展。

【追記】
この展覧会、韓国でもやるみたいです。
Leeum, サムスン美術館(ソウル)
2005年10月13日~2006年1月8日
韓国に行って観るというのも手ですな^m^

韓流ファンが読んでもつまんないよ。
[PR]
by izuminz | 2005-06-13 22:53 | art
R.I.P. ナムジュン・パイク
b0042407_9305510.jpgビデオ・アートの先駆者、
ナムジュン・パイク氏死去
 
【from 朝鮮日報】
ビデオアーティスト白南準氏が
死去
 【from中央日報】

←これは、品川の原美術館にある常設展示作品

結構、このニュース驚きました@@;
パイク氏といえば、アジアンを代表する現代アートの寵児みたいな存在。
たぶん、彼が一番活躍していたのは80年代。中学生くらいのころ、自分が当時憧れていたミュージシャンやアーティストとコラボレーションしていた、アート界のスーパースターというイメージ。田舎育ちの私が、子供心にビデオアートというものがあるんだ、ジャンクと映像を組み合わせたようなものが「アートになる」んだということを認識した、最初のアーティストでした。
思えば、初めて韓国人の現代美術アーティストの名前を聞いたのも彼でした。
彼以降、そういえば韓国人アーティストで世界的に有名な人って出てきてないような気がしますが……私が勉強不足なだけかな?
 たしかMoMAとかにも常設されてて見た記憶があるし、日本のいろんな美術館やギャラリーで彼の作品を目にするたびに、80年代の空気を感じて懐かしさにかられたものでした。
なんだか、これからこういう風に自分の青春時代のヒーローみたいな人たちが亡くなっていくのかと思うと、すごく切ない気持ちになる。自分が歳を取ったんだなぁと自覚せざるをえませんね^^ Leeumとか、どっかでレトロスペクティブみたいなの開かれるとしたら、観にいきたいなぁ。

【追記】2/7
[PR]
by izuminz | 2005-01-31 00:52 | art
ラリー・クラークの衝撃
b0042407_094527.jpg
 今日は、ワタリウム美術館で開催中の、ラリー・クラーク「パンク・ピカソ」展に行ってきた。
 

知ってる人には今さらなんだけど・・・。
[PR]
by izuminz | 2005-01-24 01:28 | art
牛腸茂雄のすごさ
b0042407_3432761.jpg
 今日は電車で1時間くらいかけて、三鷹に行ってきた。
現在、三鷹市美術ギャラリーと文化芸術センターの2ヵ所に別れて、写真家牛腸(ごちょう)茂雄の展覧会が開催されている。

 牛腸茂雄を知ったのは・・・。
[PR]
by izuminz | 2004-10-12 03:49 | art