管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
MUSIC MAN

先日、自宅のCD棚をゴソゴソしていたら、小林建樹君のCDを発掘して、
ここ数日久々にガッツリ聴き返しております^^
 私が彼の曲に出会ったのは遅くて、01年に出た3rdアルバムの「MUSIC MAN」ってのを聴いてすごい驚いて@@ こう思うのは私だけだろうけど、ハイトーンのVo.と屈折したPOPセンスがほとばしっている曲にJeff Buckleyに出会った時に近い、ナイーヴさと才能を感じたんですよ。ハマると突き詰めるタイプだものでw それから遡って1st、2ndアルバムやシングルまで入手し、CD10枚以上自宅にあります^^; もちろん何度かライブにも行きましたし^^
 約10年前の曲ですが、今聴いてもまったく古さは感じないですね~。当時レーベルメイト(Kitty)だったスガ シカオ氏が、才能を漲らせていた初期の頃と似た空気を感じます。(もちろん、曲世界は全然違うけどね)
↑上に貼った映像は彼のデビュー曲。プロデュースは敬愛するホッピー神山大先生です^m^ 他の曲も窪田晴男さんとか、羽毛田丈史さんとか参加ミュージシャンかなり豪華ですよ。

Blue Notes~The Best of Tateki Kobayashi~

小林建樹 / ユニバーサルJ

↑このアルバムはホントーに捨て曲ナシの名曲がそろったまさに「ベスト盤」。
日本の良質なポップスが好きな人なら聴いて損はないですよ~。
大衆的にはM2:イノセントとかM13:祈りとか薦めたほうがいいんでしょうが、
個人的オススメは、M6:斜陽 M7:Voo Doo Loo M12:トリガー と、ちょっとロック色の強い暗めの曲w ですかね。
 今は嵐に曲書いたり(笑)、女性アーティストのサポートをやったりと裏方仕事が多いみたいだけど、彼のような稀有な才能が埋もれているのは勿体ない! ナイーヴで世渡りは苦手そうだけど^^; もちっと表に出てきてほしいなぁ。
[PR]
by izuminz | 2010-09-26 13:58 | music
Hey My Frind / Don't Die Young

 約1週間、韓国に逃亡&充電して戻ってきました。入国ゲートで免税品の袋なぞ全く持たず、なのに1週間も滞在し、パスポートは韓国のスタンプだらけの私は、またもやかなり怪しまれました(笑) スーツケース開けられそうになったけど、汚い着替えとかスーパーで買った食品とかしか入ってないよ~んだw
 今日、東京は午前中大雨でしたが、今回は出発の日も、韓国滞在中も半分くらい雨で(うち1日は豪雨;;)何だか雨~な旅でしたね。。。

帰ってきてメールやらいろんなサイトをチェックしていたら、下山先生がDiaryを更新しておられた。そう、そうだよねぇ。「こういうことはいつでも起こりうる年令に皆さしかかっている事」っていう一文は、何だかずしーんと来ますね。
日記を読んだら何だか浮かんできたこの曲。HW初期の名曲です。
この曲が収録されたアルバム、「柱」も入っているエピック時代の音源がBOXになって発売されるそうで。
HWのアルバム、ユニバーサル時代まで全部持ってたんだけど、ある時期からHWというか、山口さんのうたを受け止める体力が自分になくなってしまったことがあって、ライヴにも行かなくなり、アルバムも一気に手放してしまいました^^;
別に、嫌いになった訳では全然ないんだけど、頭の中にはほとんど曲は入ってるし、どうしても聴きたくなったら、またアルバム買えばいいし、って思って。だけど、相当ブランクあります;; もう何年もCDも聴いてないしライヴも見てない。

現在ツアー中のHWの皆さん。山口さん、最後“脱いでる”んですね(苦笑)そんな姿見たの、福岡時代以来だよw ランニングでシェイプされてるせい?www
明日は東京でライヴあるんすね。当日券で入れるかな?

【追記】渡辺“地獄”圭一さんのブログ「たまには喧嘩に負けてこい!」ですが、このタイトルを最初に見た時、大笑いしてしまいました^^ この面白さがすぐに分かった人は九州人。そんな“たまけん”で下山先生がゾンビ(そのまま説)になっておられてわろたw しかし飲酒はほどほどにね…。

福岡の人なら誰でも知っている「にわかせんぺい」と「博多ぶらぶら」のCMがセットになった動画が~!!!すげー!こんなツボる動画UPしたの誰や~(笑)
で。“たまけん”のルーツは「にわかせんぺい」CMのサビにございやす^^
[PR]
by izuminz | 2010-09-23 16:34 | music
R.I.P.

この花田選手の動画、何かいいねぇ^^ ストラト弾いてる姿は結構新鮮。

もう昨日になっちゃったけど、ルースターズの母体となった、人間クラブ時代のVo.南浩二さん、亡くなられたそうですね。「GLITTER」っていうソロアルバム、聴いてましたよ。福岡時代、大江のライブだったかなぁ? 何かのイベントで歌ってたの見たこともある。昨日まで鬼平さん祭りのこと書いてるやん。。。信じられん。高塔山Jamでもお元気そうだったのをいろんな人のブログとかで見ていたばかりだったのに。できることなら、R.I.P.をブログで書く回数は多くないほうがいーんだけど、やっぱ、切なくなるねぇ。
[PR]
by izuminz | 2010-09-12 02:56 | roosterz
非常階段のノイズ講座@Dommune
b0042407_15472726.jpg
先日まで、「Dommuneって何?」とか言っていたワタクシw 昨日初めて観てみましたが、コレが相当おもろかった!!!
最近どーやらちょっとしたブームが来ている(どこに?w)非常階段の皆さんが自らヒストリーを語る&生ライヴ。
仕事をしながらトークだけ聴いてようと思ったら、話があまりにも面白すぎて昨晩ガッツリ2時間PCの前で観てしまいましたw
b0042407_15474661.jpg
テカテカの七三分けが光っていたT.美川さん(写真右)。普段なかなか聞けないとおもわれる味のある美川さんのトークに萌えまくりw 広重さん(写真左)といいコンビ^^ 美川さんの「背骨にはロックがある」は名言でしたね^^ 普段はサラリーマンだそうですが、こんな上司が会社にいたらステキだわ(笑)
 年内にスイスとロンドンで公演があって、「自分らの前がDISCHARGE」とか言ってて笑っちゃったんだけど、海外では唯一無二のオリジナリティがある、彼らのような人たちのほうがウケるんですよね。あるNYのレコード屋で、JAPANESEというコーナーがあって覗いてみたら、美川さんのインキャパシタンツやメルツバウ、灰野敬二などなど、ノイズ系アンダーグラウンドな人たちのレコードばっかりでビックリしたりw 過去にJeff Buckleyのファンサイトをやっていた人のところに遊びに行ったら、唯一持っている日本人のレコード、と言って見せられたのが灰野さんの不失者でw ってなことがありましたからね。
 昨日は昔の映像も色々と観れて面白かったんだけど、最後にやったライヴが凄かった。自分の中でもうノイズを聴く体力はないなーと勝手に敬遠してたところがあったんだけど、全然聴けたわ^^ 今度チャンスがあればライブ行ってみよ、と思ってます。Dommuneでは再放送もあるらしいので、見逃した人は要チェック。いや、この人たち、マジ最高ですよ^^ 
[PR]
by izuminz | 2010-09-06 16:13 | music