管理人=IZUMINです。 相変わらずライブやら何やら見に行っております^皿^
by izuminz
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
STALIN Z@O-East

昨日はO-EastにSTALIN Z見に行ってきました。
まさに、2011年のお初にふさわしいライブですね(え?)
昨年ミチロウさんの還暦ライブに行けなかったので、このライブがあると知って即チケット買っておいたんだけど^^ 最終的にSold Outしてたみたいですね。
還暦のミチロウさんを達也(40代)に百々君(30代)、Ken Ken(20代)がサポートするというのもおもろいなーと思って。

 前座2バンド出たのですが、黒猫チェルシーはずっとライブ見てみたいと思ってたので嬉しかったっす。ちょっとライブやりにくそうにしてたのが可哀そうだったけど;; 昨年ワンマン観に行ったOKAMOTO'Sもそうなんだけど、若いバンドたち、演奏めちゃ上手いんだけど何だかグッと来るものっていうか、場の空気を持っていくくらいの存在感が希薄なんだな~。まだ黒猫のほうが、Vo.の子に雰囲気があるだけマシかなーとは思ったが。
 次に出てきたMERRYってバンドは全く知らなかったのですが、Vo.のお兄ちゃんはなぜかウエストに紫色のコルセットを巻いて学校の机に片足を乗せてヒムロックばりのポーズで歌い(笑)、Dr.の兄ちゃんはラックで組んだ無駄に派手なドラムセット。たぶんこんな機会でもないと一生ライブを見ることはないと思われるV系バンドなのでこれはこれでなかなか面白かったですw 

 で、STALIN Z。1人で出てきたミチロウさんから、タムが52歳で亡くなったことが告げられ「黙祷!」と。一瞬の静寂の後、赤い拡声器でサイレンを鳴らされ、もうねー、それだけで背筋がゾーッとして、自分の中で血がワーッ!って上がっていくのが分かりました。上に貼ったのは、この「ワルシャワの幻想」をやってる「爆裂都市」の映像ですね。懐かし~い!
ドラムまで走って登場した中村達也さんはこの映像みたいになっててw 百々君もKenKenも目元真っ黒メイクで、めっちゃ気合い入ってましたね^^
 それから、いわゆる「THE STALIN」の曲はほとんど演ったんじゃないかな? やっぱ「虫」とか、イントロ聴いただけでゾクゾクしたわ~;; 爆竹鳴らすし豚の頭はもちろん臓物投げるわ、で至れり尽くせりだったのですが^^ 私は後ろのPA横くらいで見てたんだけど、ミチロウさんが投げた臓物がPAまで飛んできて、ミキサーの人たちが大ウケしてました(笑)
 アンコールにはミチロウさんが一人で弾き語り。でも、それがまためちゃ凄かった。昔の幻想を追っている観客に、「今の俺はこうなんだよ」ってのを提示していたように思えました。今度TOUCH MEとか見に行ってみたいなー^^
 私がよくライブを見に行っていたのは「THE」がない、重夫センセイとやっていた頃の「STALIN」なんですが、個人的にはこの頃にも良い曲があるのでライヴでやってほしかったですねー。かつて若い頃に私は目覚まし代わりに「ロマンチスト」をかけて起きていたことがあったのですが(笑)やっぱりSTALINの曲は身体に染みついてるんだなぁと改めて思いました。

 泉谷、Chaboさん、ミチロウさん、と自分が若い頃から好きな人々の「還暦」をすべて見守りました(笑) 次はルースターズの皆さんの還暦も見守りたいと思っておりますよ^^
[PR]
# by izuminz | 2011-01-22 18:26 | music
今年の締めは。
b0042407_141572.jpg
 早いもんで2010年もあと少し。例年忙しい12月ですが「あっ!」という間に過ぎました。最近急に寒くなってきたら、やっぱり風邪ひいてしもて;; しかしいつもだとノドが痛くなるはずなのに、禁煙のおかげか、さほど悪化せずに済んでます。早く治すには人ごみに出ないのがイチバンなんですけどねー、と言いつつも、今日は今年最後のライヴを新宿PIT INNに見に行ってきました。
 浅川マキさんについてはほとんど何も知りませんが、下山先生や池畑さんがマキさんのバックをやってたのはもちろん知ってて、どんな演奏してるんやろ?と気になってはいたんです。で、そのマキさんトリビュートにお2人が出演されると知り、ミーハー魂がムクムクと(笑) つーわけで今年2回目のPIT INN行きとなりました。(1回目は今年秋に大友&菊地即興見に行ったす。これまたミーハー魂ゆえw)

1組目だったらどーしよーと思いつつ開演からちょっと遅れて入ったところ、超満員。2組目(?)に下山、池畑、奈良各氏に野島健太郎氏という、何だか「夜徘」を彷彿とさせるメンバーが登場。何と言っても特筆すべきは
「下山先生がフロント!!!」
だった!@@ しかし先生、軽い挨拶をしてメンバー紹介するも、マキさんの話をしかけて「ま、いっか」とそそくさと演奏を始めてしまいました(笑)
何だかとても照れくさそうに、というか、やりにくそうな印象で。「先輩のバンドの前座で呼ばれました。」的な初々しささえ感じました。昨日のラインナップの中では50代の彼らでさえ一番年下では? という大御所ジャズメンが揃っていたようだし、アウェー感漂ってたのを先生は敏感に察知されたのでは? と(笑) 思ってしまいました^^ でもちょっと可愛かったよw
最後にはやはり「黒の女」歌っておられました。ちょっとマイクの通りが悪かったのが残念。でも、いつもよりギターのボリューム半分くらい(笑)、池畑さんも抑え気味のちょいとジャジーなドラムで、何だか新鮮な「黒の女」でしたよ^^

 その後、いろんな人が出てきてマキさんの思い出話をしていたんだけど、皆口々に「朝まで話すのが好きな人だった」とw 下山先生の日記にもそんなことが書かれていたよねー。でも多くの人に愛されていた方のようでした。
ジャズのことは「全く」分からないんだけど、渋谷毅さん⇒今田勝さん⇒山下洋輔さんの各ピアノソロはすげー良かった@@ 特に今田さん。80近いと自分でおっしゃっていたけど、すっごい良い音のピアノで。そして山下さんの「Strange Fruit」はホントーに凄かった@@ (YouTubeに音源上がってます)素人耳にも山下さんってホントに凄いのねーと改めて思いましたです^^
>ちなみにジャズに疎い私が何で「Strange Fruit」を知ってるかっつーとJeff BuckleyがNina Simoneバージョンをカヴァーしてたからです^皿^

今年の締めに、良いライブ見せてもらいました。亡くなられてから色々とリリースが続いているので、これを機に浅川マキさんの唄もちゃんと聴いてみようと思っております。

追記:先生がDiaryを更新しておられました。
21歳の可愛い子とニッコリなおっさん(笑)
そうそう、いつもとは違って、スカーフ巻いておられたんですよねw 正装!?
[PR]
# by izuminz | 2010-12-29 02:35 | music
ネコと神社。
b0042407_2232982.jpg
b0042407_22331126.jpg 昨日、訳あって都内某所をうろうろしていたのですが、とある神社に行ったところ境内で番を張っていらっしゃる方が(笑)
 人懐こく足元にくっついてきたものの、通りかかる人みなにそうやって面通ししては「ここは俺の縄張りだ」と言わんばかりでしたw
↑これはまた別の神社にいた子。神社って、めちゃネコ住んでるんすね。

 神社で厄払いの年数表、みたいなのが貼ってあって、自分が今年本厄だったことを知りましたw で、来年が後厄。このところの何となしの不調は厄年のせいだったのかも…とあと1カ月を残して知った次第です(爆)
それにしてもこの神社の紅葉はキレイでした。厄年なんか忘れるくらいにw
[PR]
# by izuminz | 2010-12-01 22:41 | about me
The Green Hornet 3D

b0042407_22594348.jpg
 うわー!久しぶりに動くジェイを見た@@ ちょっと顔丸いねジェイ@カトー君w 
全米で1月公開すかーなかなか面白そうじゃん♪ 日本ではいつ公開だろ?
b0042407_22595986.jpg
b0042407_2301479.jpg

[PR]
# by izuminz | 2010-11-28 23:04 | china
No No No
 ちんこ先生がUPされていた映像がすごくキレイだったのでウチでもUP^^
いやぁ、ホントにこの頃の花田選手は男前ですねぇ@@ 先生の王子スタイルも健在でw やっぱりファイヤーバードが先生には似合う♥ ちんこ先生27歳^^柞ちゃんもまだアンパンマンと砂漠の民ではなく、カッコイイぢゃないですか。

 ファッションとか見事にバラバラなんだけど(笑) 格好とかそんなの関係なく、こんな音が出せるバンド、今居そうでいないんだな。と[Z]の音を聴くと思う。
そういや、七夕のライブ音源とかDVDって出ないのかなぁ? ちゃんとリリースしてほしいっすけど。
[PR]
# by izuminz | 2010-11-14 18:23 | roosterz
観劇2連チャン
b0042407_1552769.jpg
 昨日、今日と続けて劇場に行ってしまいやした~^^
まず、昨日は美輪さん恒例の音楽会「愛」@PARCO劇場。 ↑コレはロビーに展示してあった編みぐるみw 携帯サイトの宣伝みたいだったけど。
音楽会はもう、かっなーり前に一度見に行ったことがあって、いたく感動したのを覚えているのですが、久しぶりに。今年の音楽会は1部で昭和歌謡、2部でシャンソンを歌ってました。今回もやはり美輪さんに心を掴まれましたよ^^ 
そういや、先週の「ブラタモリ」でこの音楽会のポスターを有楽町のガード下で見つけたタモさんが美輪さんの真似してましたけどねw
 出色は2部の最後に歌った「ボン・ヴォヤージュ」って曲。歌の前に一人で寸劇をやるんですよ。
「おぼこい金持ちの娘が港で出会った悪い男に惚れて、結婚の約束⇒親に結婚を反対されて駆け落ち同然で家出⇒男は娘から資産が奪えないと知ると態度を豹変⇒男に捨てられたくない娘は港で体を売るように⇒年月が経ち、娘は中年女になった頃、爪に火を灯してお金を貯め、飲食店を開く⇒だが男は店の若い女性客とデキてしまい出て行くと言う⇒船に乗る男にテープを渡して見送る女⇒ボン・ヴォヤージュ・・・」
うはははは;; ストーリーだけ書き出すと笑っちゃうくらいベタな話なんだけど、これをね、娘から中年女になるまでを声色を変えて美輪さんが一人でやるんですよ。その憑依っぷりというかw わずか10分足らずで、哀しい女の半生を迫真の演技で見せるんです。本当に「凄い」としか言いようがない! すっかり惹き込まれてしまうのよ! いや、あのー「オーラの泉」とか出てたんでねー、すっかりゲテモノ扱いされてますけど、一度見てみると美輪さんの凄さが分かりますよ。

 歌と歌の間には、曲の紹介もからめた結構長いMC(てゆーかもはや説法w)があるんですが、「私は昔からヴィジュアル系で・・・」と美輪さんがギャグってたのに観客見事に無反応で(爆) やっぱ平均年齢50歳の客層にヴィジュアル系はキツいか・・・と思ったりw
 ちょっと「おっ!」って思ったのが、パンフの中身。パンフにはいつも美輪さんお気にの人と(拉致して無理やり対談させる)インタビューが載っているのですが、そこに小雪が出ていました。以前から「小雪って男顔だなー」と、しかも「若い頃の美輪さんに似てるなー」と思っていたんですよね。そしたら対談しててビックリしたわよ~@@

今日見た分の続きを書こうかと思ったけど、ね、眠くなってきたのでまた後日^^
[PR]
# by izuminz | 2010-10-21 02:38 | stage
bankart and...

 今日はまだ平日ですが^^; 仕事がひと段落したので夕方から横浜に行ってきました。ずっと見に行きたかった「朝倉摂展 アヴァンギャルド少女」に。
御歳88歳で現役、赤い髪をしたカッコいいばあちゃん(失礼)という前知識しか私にはありませんが、これまでの活動をまとめたレトロスペクティブ的展示ということで、開催を知ってから楽しみにしていたんですよね。
 Bankartって前から一度行ってみたいと思っていたけど、建物自体、かなりいい感じだったなぁ^^ 骨組とかコンクリートの壁がむきだしになっていて。3Fの横のほうに横浜の夜景が一望できる大きな窓があったのも良かった♪
 展示のほうはというと、舞台設計のスケッチがメインで、あとは名作舞台のセットを1/2サイズで再現したもの、絵本挿絵や新聞小説用挿絵の原画、過去のテレビ出演映像などなど。(上の動画を見てください)。
若い役者さんたちがここで上演する芝居(舞踏?)の稽古をやっている、というのも展示の1つ、とされていたのは面白かった(ビックリしたけどw)
 欲を言えば、なんだけど過去に作った作品の1つでもいいから、原寸で完全再現してほしかったかなぁ。でも、テレビ出演時の映像で、「過去は振り返らない」とキッパリおっしゃっていたから、セットを再現したりすることはそれほど重要ではなかったのかも?

 その後、関内のほうにてくてく歩いて行きまして、STORMY MONDAYっていう店でライブを見てきました。
出演は、窪田晴男(G.ex:パール兄弟)、小滝みつる(Key)、安部OHJI(B.ex:子供ばんど)、矢壁アツノブ(Ds.ex:PINK)に、SPECIAL GUEST:ホッピー神山(Vo.ex:PINK)という、この名前を見てピンと来る人は笑っちゃうようなすごいメンツざんしょ?^^
 私はもちろん、ホッピーちゃん&カメちゃんのPINKチーム目当てで行ったんですけどね、狭い店内にいたほとんどのお客さんが互いに知り合いかメンバーと友達な人々で。人見知りな私はこういうシチュエーション、「相当」苦手でして(笑) かなり居心地悪かったですが;; ライブは面白かったですね。基本洋楽のカヴァーなんですけど、みなさん凄腕の本職ですから(笑) かなりユルユルながら決めるとこは決める、っていう。でも相当ユルかったですけどね;; そこらの素人オヤジバンドとノリは大して変わりませんでしたw(毒)
 2部の途中からいろんなゲストが乱入してきて、漫画家の久住昌之さんが1曲笑えるカヴァーを歌ったり、ホッピー先生&杉林恭男(ex:くじら)、イマサ(ex:バービー・ボーイズ)も入った大セッションも。
あ、あの・・・今、2010年だよね? と思ってしまうほどの信じられない豪華な顔ぶれが揃っておりましたね(笑)

 ルースターズメンバーもそうですが、80~90年代に第一線で活躍されていたミュージシャンの皆さん、ちゃんと活動を続けていらっしゃいますね。こういう小規模なセッションライブみたいなのは、あちこちで行われているみたいだし。
これってやっぱり東京(および近郊)だからミュージシャンもお客さんも集まれて成立するのかな、とは思うけど、今40~50代のミュージシャンって、やっぱり、「あの時代」をサヴァイヴしてきた強さ、ってのはあると思うんですよねぇ。

窪田晴男さんが歌っていた「Space Oddity」は何だか沁みたっすよ。。。
[PR]
# by izuminz | 2010-10-16 02:47 | art
武勇伝w
b0042407_2442641.jpg 先日、職場の引越しで机を片付けていたら、随分前にもらった「タイムスリップ・グリコ」のおまけが出てきた^^ 手のひらに乗るくらいの豆本に複製された「ARENA37℃」83年5月号。
表紙はアルフィーで、裏表紙は浜田麻里、中にはMODSの森やんのグラビアがなんとカレンダーになってポスターみたいに封入されているという(笑) 「クレムリン通信」なんていうミチロウさんの人生相談みたいなコーナーがあるそばでアイドルのグラビアが載ってたり(笑) いやー、すごい時代ですね、80年代。何でもアリだったなぁ。

 で、記事の中に「思い出のケンカ集」っていう特集記事があって、いろんなミュージシャンにケンカした時のエピソードを聞いてるんです。ルースターズがその中に混じっているんですよ。この豆本、ホントに虫眼鏡でもないと記事が読めないくらい字が小さいんですが、本文を起こしてみました^^

「ヤクザ屋さんと留置場に」
ルースターズ

池畑「留置場に入れられたのを覚えてる(笑)。あれは19の時やったかな、3対3で相手がホンモンのヤクザ屋さんで(笑)酒も飲んでたやろうけど、立ちションするやろ。こっちもむこうも立ちションをやってたら、そこと違うところで俺の仲間が一緒に立ちションやってたヤクザ屋さんの一人とケンカやりだして、そいで理由は分からんけど俺らもやりだしたんよ。そん時。相手が強いからボコボコやられた。で、捕まって入れられた。二日ちょっとも入ってた。留置場でタバコを一日二回くらい吸わしてくれるんやけど、そん時のタバコのうまさが忘れられんね」

やはり語っていたのは池畑さんakaテキーラマンでしたw
いろんな人が口々に言う、池畑さんの武勇伝、これはその一端に過ぎないでしょうがw どんだけ凄かったんでしょうかね? それにしても、こんなエピソードをまとめて記事にしちゃうってのも凄い(笑) 今じゃたぶん怒られるやろね^^;
[PR]
# by izuminz | 2010-10-15 02:43 | roosterz
ひさびさにグッときた!
b0042407_2334810.jpg

メインで使っていたデスクトップPCがまた壊れて、修理中。古いサブノートも調子悪いし、ってんで近所の電器屋にPCを見に行ったのだけど、品揃えがぜんぜんダメで~。早々に諦めて気になってたSONYのNEXシリーズ見てみようとデジカメのコーナーに。NEX、確かにカッコいいんだけど、本体よりレンズのほうが重くてバランス悪いなぁと、ちょっとだけいじって終了。。。他のカメラを見てたら、何やら他とは雰囲気違う感じのを発見。⇒Optio RZ10
これがね、ピントが合うスピードもなかなか速くて、マクロにも寄れるし、グリップ感がいいんだわ。特にグリップ感って私にはとても大事で、今までずっとコンパクトな握り具合のいいカメラを探していたのよ~
何と!電源入れると「ニャーオ」ってネコの鳴き声みたいな音が出るんですよ、コレ(笑) 見た目オモチャみたいだけど、まぁ、それも含めて面白い^^
PENTAXって本体にブロックついたカメラとか売ってるヘンさも気に入った(笑)
近々このカメラ買おうと思います^^♪
[PR]
# by izuminz | 2010-10-12 00:16 | mono
Thanx 7th Anniversary!
日付が変わり、10月11日に。
恒例の067.gif誕生日&ブログAnniversary068.gifでございます~^^ 
韓国語で言うと、「まふんはんさる」になりました(笑)
7年って、当時生まれた子供が小学生になっとるやんねw
参っちゃうなーもう~;;
ちなみに、有名人ではエノケン、金城武、ペ・ドゥナ、ダリル・ホール、(昔「ビバヒル」に出てた)ルーク・ペリー、「千の風」の秋川さんにギャルソンの川久保玲さんとかも同じです(笑)⇒今日は何の日
ほうほう、1963年の今日はエディット・ピアフとジャン・コクトーが同じ日に亡くなったんだと。おやまあ、コクトーさん大変。まるで韓国ドラマのようw 私も死んだ暁には心臓発作を起こされるくらい、誰かに想われてみたいものです(笑)

 こちらでは今までずっと韓国ネタを中心に書いておりましたが、七夕の日に[Z]ルースターズを見て、あまりの衝撃にすっかりそっちに意識が行ってしまいまして(笑) 韓国関連のリンクを外し、記事を引っ越した瞬間アクセスが激減してしまいましたが(苦笑) その分、誰も見てないな(((^皿^)))ウッシッシ と、これからはディープなことも思いっきり好き勝手に書けるな、ってことで^^
 最近は少しずつ音楽、サブカルモードが戻ってきて、韓国関連に裂く時間が正直、半減してますがw 人間、身体は1つしかないからしょうがないねぇ~;;

 あ、そういや最近のワタクシの最大の変化、と言えば20数年来吸ってきた「タバコをやめた」ということですかね。やめてまだ1ヶ月弱ですが。ちょうど9月に韓国に行く前に、前回の渡韓で買いだめしていた免税タバコが切れて、フツーにコンビニとかで買ってたら、やっぱ税金ついてると高っかーいのよね(笑) おまけに10月から100円値上がり。さらに職場の引越しにより、見事に喫煙ルームがなくなりまして、必然的に吸えない環境に置かれちゃったんですよ(笑) 最近ね、ホント仕事に行き詰まると無自覚に吸ってる自分が若干嫌になってたりもして(苦笑) もう、こりゃ止めろってことだなーと思ってスパッと止めました。
もっと禁断症状出るかな? って思ったらそうでもなくて。ただ、道行く人とかタバコ吸ってる人の煙とか嗅いじゃうと「うぉっ;;」と思ったりw 朝、コーヒー入れて飲む時など、「あ、あったらいいな・・・」なんて思いますけども(笑)
実は10年以上前に、一度半年くらい止めてたことがあるんですよね。その時はちょっと体調が悪くて止めてたのですが、また何となく吸い始めて今に至っておったのですが。。。ま、そんな感じなんで、またいつ復活するか分からないですけどw とりあえず、しばらくがんばってみます^m^

えっとね、禁煙しててきめんに良くなったのはお肌の調子です(笑) この歳ですから、まぁ「それなりに」って感じですが、喫煙女子で肌荒れが気になる方は1回止めてみるといいw そして、なぜか髪の毛がやたらとしっとりしてる(笑) 地肌がウエットなの嫌いなので、これはちょっと閉口してるんですけど(苦笑) タバコを止めたら太ると言われてますが、これは着実に太っているようです(笑) タダでさえ体脂肪率高いのにwww 運動しないとだめかね。。。

ま、最近はこんな感じですがリニューアルしても見てくださっている奇特な方、
これからもどうぞよろしくお願いします^^
[PR]
# by izuminz | 2010-10-11 02:39 | about me
My Way, MY R&R

昨日、Chaboさんの還暦ライブ行ってきました。
連休に入っても休みがないワタクシなのですが;; 昨日もなかなか仕事が終わらず結局AXに行けたのは開演から1時間後でしたTT でもChaboさんのライブ、絶対3時間超えるから、ま、ちょうどいいかw なんて思ってたりもしたんだけど、6時開演のライブが終わったのは10時過ぎ。私が行ってからも3時間はやってたってことですね(笑) 
曲がちゃんと聴けたのは、「BOOK」に入ってる「ティーンエイジャー」くらいからだったかな。その前にどんな曲やったんだろーなー?

 「清志郎が“あんなこと”になっちゃって」と・・・RC時代の曲を歌うのをどうしようか、とすごく迷ったと話していたChaboさん。結局「君が僕を知ってる」と「雨上がり」を歌っていたんだけど、「君僕」って、「♪わかっていてくれる~」とリフレインするところ、清志郎が歌った後でChaboさんがコーラスを入れますよねー、
それが、ま、当たり前なんだけどChaboさんがメインを歌っていた。
それがね、「あ、清志郎いないんだ」って思って、ハッ!としてしまって、何だか泣けてきちゃってね。参っちゃったよ。
「清志郎のキーは高いんだよ~」なんてこぼしながら、RCの曲を歌った後で、タイトルが分からないんだけど、「ずっと努力してるんだ、君の不在を認めること」とサビで繰り返される歌を歌っていたChaboさん。あんまりにも直球すぎてさ、泣くしかないじゃん;; もう。

 今年Chaboさんがずーっとツアーをやっていたのは、そうやってないと倒れそうだったんじゃないかと。倒れるっていう言い方はヘンかな? 気を紛らすというのでもないし・・・とにかく気を張っていないと、って感じじゃなかったのかな、って気がしたんです。ラストのほうで、「My Way」をピストルズVer.でカヴァーしてたのがすごくカッコよかったんだけど、昔のようなパワーは感じられず。。。AXのいっちばん後ろで観てたから、ほとんどモニター越しにしか表情も見れなかったけど、「永遠のギター少年」にさえ、ちょっと年輪、というか疲れが見えちゃった。。。(すんません;;Chaboさん)。清志郎の「不在」は、ことのほか大きいんだなぁと1年以上経ってから、改めて身にしみて感じてしまったのでした。

何度となく聴いたはずの「My R&R」も、何だか昨日は聴こえ方が全然違ったなぁ。そういや、サプライズで誕生日を祝う後輩ミュージシャンがたくさん出てきたんだけど、彼らに混じって、最後に何だかちょっとぎこちなく花束を渡していた青年が。「タッペーイ!」とChaboさんが名前を呼んでビックリ@@ タッペイ君、もうあんなに大きいんだねぇ、って。何せRC時代に、まだ幼稚園くらいの頃かな? 清志郎に呼ばれて、現RIZEの金子君と2人でステージにチョロチョロ出てきてたのを見てたからねw あぁ、自分おばちゃんになるはずだよーって思っちゃいましたよ;;
[PR]
# by izuminz | 2010-10-10 16:05 | music
MUSIC MAN

先日、自宅のCD棚をゴソゴソしていたら、小林建樹君のCDを発掘して、
ここ数日久々にガッツリ聴き返しております^^
 私が彼の曲に出会ったのは遅くて、01年に出た3rdアルバムの「MUSIC MAN」ってのを聴いてすごい驚いて@@ こう思うのは私だけだろうけど、ハイトーンのVo.と屈折したPOPセンスがほとばしっている曲にJeff Buckleyに出会った時に近い、ナイーヴさと才能を感じたんですよ。ハマると突き詰めるタイプだものでw それから遡って1st、2ndアルバムやシングルまで入手し、CD10枚以上自宅にあります^^; もちろん何度かライブにも行きましたし^^
 約10年前の曲ですが、今聴いてもまったく古さは感じないですね~。当時レーベルメイト(Kitty)だったスガ シカオ氏が、才能を漲らせていた初期の頃と似た空気を感じます。(もちろん、曲世界は全然違うけどね)
↑上に貼った映像は彼のデビュー曲。プロデュースは敬愛するホッピー神山大先生です^m^ 他の曲も窪田晴男さんとか、羽毛田丈史さんとか参加ミュージシャンかなり豪華ですよ。

Blue Notes~The Best of Tateki Kobayashi~

小林建樹 / ユニバーサルJ

↑このアルバムはホントーに捨て曲ナシの名曲がそろったまさに「ベスト盤」。
日本の良質なポップスが好きな人なら聴いて損はないですよ~。
大衆的にはM2:イノセントとかM13:祈りとか薦めたほうがいいんでしょうが、
個人的オススメは、M6:斜陽 M7:Voo Doo Loo M12:トリガー と、ちょっとロック色の強い暗めの曲w ですかね。
 今は嵐に曲書いたり(笑)、女性アーティストのサポートをやったりと裏方仕事が多いみたいだけど、彼のような稀有な才能が埋もれているのは勿体ない! ナイーヴで世渡りは苦手そうだけど^^; もちっと表に出てきてほしいなぁ。
[PR]
# by izuminz | 2010-09-26 13:58 | music
Hey My Frind / Don't Die Young

 約1週間、韓国に逃亡&充電して戻ってきました。入国ゲートで免税品の袋なぞ全く持たず、なのに1週間も滞在し、パスポートは韓国のスタンプだらけの私は、またもやかなり怪しまれました(笑) スーツケース開けられそうになったけど、汚い着替えとかスーパーで買った食品とかしか入ってないよ~んだw
 今日、東京は午前中大雨でしたが、今回は出発の日も、韓国滞在中も半分くらい雨で(うち1日は豪雨;;)何だか雨~な旅でしたね。。。

帰ってきてメールやらいろんなサイトをチェックしていたら、下山先生がDiaryを更新しておられた。そう、そうだよねぇ。「こういうことはいつでも起こりうる年令に皆さしかかっている事」っていう一文は、何だかずしーんと来ますね。
日記を読んだら何だか浮かんできたこの曲。HW初期の名曲です。
この曲が収録されたアルバム、「柱」も入っているエピック時代の音源がBOXになって発売されるそうで。
HWのアルバム、ユニバーサル時代まで全部持ってたんだけど、ある時期からHWというか、山口さんのうたを受け止める体力が自分になくなってしまったことがあって、ライヴにも行かなくなり、アルバムも一気に手放してしまいました^^;
別に、嫌いになった訳では全然ないんだけど、頭の中にはほとんど曲は入ってるし、どうしても聴きたくなったら、またアルバム買えばいいし、って思って。だけど、相当ブランクあります;; もう何年もCDも聴いてないしライヴも見てない。

現在ツアー中のHWの皆さん。山口さん、最後“脱いでる”んですね(苦笑)そんな姿見たの、福岡時代以来だよw ランニングでシェイプされてるせい?www
明日は東京でライヴあるんすね。当日券で入れるかな?

【追記】渡辺“地獄”圭一さんのブログ「たまには喧嘩に負けてこい!」ですが、このタイトルを最初に見た時、大笑いしてしまいました^^ この面白さがすぐに分かった人は九州人。そんな“たまけん”で下山先生がゾンビ(そのまま説)になっておられてわろたw しかし飲酒はほどほどにね…。

福岡の人なら誰でも知っている「にわかせんぺい」と「博多ぶらぶら」のCMがセットになった動画が~!!!すげー!こんなツボる動画UPしたの誰や~(笑)
で。“たまけん”のルーツは「にわかせんぺい」CMのサビにございやす^^
[PR]
# by izuminz | 2010-09-23 16:34 | music
R.I.P.

この花田選手の動画、何かいいねぇ^^ ストラト弾いてる姿は結構新鮮。

もう昨日になっちゃったけど、ルースターズの母体となった、人間クラブ時代のVo.南浩二さん、亡くなられたそうですね。「GLITTER」っていうソロアルバム、聴いてましたよ。福岡時代、大江のライブだったかなぁ? 何かのイベントで歌ってたの見たこともある。昨日まで鬼平さん祭りのこと書いてるやん。。。信じられん。高塔山Jamでもお元気そうだったのをいろんな人のブログとかで見ていたばかりだったのに。できることなら、R.I.P.をブログで書く回数は多くないほうがいーんだけど、やっぱ、切なくなるねぇ。
[PR]
# by izuminz | 2010-09-12 02:56 | roosterz
非常階段のノイズ講座@Dommune
b0042407_15472726.jpg
先日まで、「Dommuneって何?」とか言っていたワタクシw 昨日初めて観てみましたが、コレが相当おもろかった!!!
最近どーやらちょっとしたブームが来ている(どこに?w)非常階段の皆さんが自らヒストリーを語る&生ライヴ。
仕事をしながらトークだけ聴いてようと思ったら、話があまりにも面白すぎて昨晩ガッツリ2時間PCの前で観てしまいましたw
b0042407_15474661.jpg
テカテカの七三分けが光っていたT.美川さん(写真右)。普段なかなか聞けないとおもわれる味のある美川さんのトークに萌えまくりw 広重さん(写真左)といいコンビ^^ 美川さんの「背骨にはロックがある」は名言でしたね^^ 普段はサラリーマンだそうですが、こんな上司が会社にいたらステキだわ(笑)
 年内にスイスとロンドンで公演があって、「自分らの前がDISCHARGE」とか言ってて笑っちゃったんだけど、海外では唯一無二のオリジナリティがある、彼らのような人たちのほうがウケるんですよね。あるNYのレコード屋で、JAPANESEというコーナーがあって覗いてみたら、美川さんのインキャパシタンツやメルツバウ、灰野敬二などなど、ノイズ系アンダーグラウンドな人たちのレコードばっかりでビックリしたりw 過去にJeff Buckleyのファンサイトをやっていた人のところに遊びに行ったら、唯一持っている日本人のレコード、と言って見せられたのが灰野さんの不失者でw ってなことがありましたからね。
 昨日は昔の映像も色々と観れて面白かったんだけど、最後にやったライヴが凄かった。自分の中でもうノイズを聴く体力はないなーと勝手に敬遠してたところがあったんだけど、全然聴けたわ^^ 今度チャンスがあればライブ行ってみよ、と思ってます。Dommuneでは再放送もあるらしいので、見逃した人は要チェック。いや、この人たち、マジ最高ですよ^^ 
[PR]
# by izuminz | 2010-09-06 16:13 | music
本日の先生動画 土曜日の予習(笑)@高塔山Jam

はぁ。相変わらず毎日お暑うございます;; これから怒涛のお仕事週間TT 
今日もず~っとPCの前に座って仕事しとるのですが、どうも乗り気がしなくって一向に進まず、結局こんな動画を見てます(笑) 今週土曜日には先生の“生”「黒の女」、聴いてきまつ~^^(ちんこ先生風w)
↓OMGの先生ギターソロ、めちゃカッコイー♪♥
RRG12月のツアスケが発表になりましたね。
うわぁ東京公演、平日かぁ;;行けるやろか?
どうせなら年末に福岡でライブやってくれないかな~? 里帰りついでに久々に福岡でライブ見たいっす^^
[PR]
# by izuminz | 2010-08-31 00:57 | roosterz
不動の1日
今日はめちゃ暑い中を外でちょいと仕事をした後、夕方からすべてをブッチぎって行ってまいりましたBLANK MUSEUM@原美
もうレポが上がってますね^^⇒こちら
 むー、原美に行ったの何年ぶりやろー? 近所なんですけどねぇ;;
開演した5時にちょいと遅れて行ったところ、門の近くで灰野&ジムご一行とすれ違いビビる俺(笑)
中に入ると、まだケネス・アンガーの映像上映は行われておらず、人もまばら。そこで合流した友達と中庭のベンチでビール飲みながら(蚊に刺されつつ;;)何だか知ってる顔のアートセレブな方々をちらほら見かけ、「ほうほう」と思いながらずっと喋ってたら、「あれ?上映始まっとるやん?」
しかし、ベンチを動かない私らw 結局アンガー作品、1つも見ず(爆)
そのまま日が暮れてきて、気がついたらライブ直前で人がいっぱいに^^; 
そしたらライブが始まっちゃって、私らが座っていた位置からは演奏が見えず、「ま、音聴ければいいよね」なんて言いながらまだ動かず(ちょっと立って覗きには行ったけどね)生でモニターやってる部屋で映像を覗きつつ…気がついたら、ベンチで寝てて(爆)目が覚めたら演奏が終わっておりましたw
 いや、一応ライブは3分の2くらいは聴いてたんですけど、あのー、「白髪ロンゲのおばあちゃんが糸巻きしてるみたい」とか「この猛暑の中、ウールのカーディガン着てるよ」とか毒吐いてたのは私ですけどw ま、灰野さんとジムが奏でる即興演奏が段々心地よくなってきてねぇ(苦笑)←言い訳

どうやら昼間に猛暑の中で出歩いていたのがたたったのか、何なのか、良く分かりませんが、居心地良い原美の中庭マジックに囚われ、結局うだうだして終わりました^^ 頑張って企画された方々に怒られそうなので、謝っておきます。すみません;; でも何だか良い息抜きができて、良かったですよ^^ 
[PR]
# by izuminz | 2010-08-27 01:38 | music
LITE

LITE。名前は何となく前から知っとったんやけど、改めてちゃんと聴いたらめちゃ良いバンドすね^^ 彼らがFunanoriってバンドと出してたスプリットCDを随分前に偶然聴いたことがあって、それから何だか彼らの名前が頭の中に残ってた。MySpaceで、フルで何曲も聴けます。カッコイイっす♪ 今度アルバムをまとめて大人買いしてしまいそうだw
上で貼ったYouTubeのライブ映像もなかなか。お、場所はMercury Loungeですね、ココで昔John Lurie & The Lounge Lizards観ましたがな~^m^
[PR]
# by izuminz | 2010-08-26 01:15 | music
This is the End

昨日でCloseしたHMV渋谷で、土曜日にインストアをやったJoJo広重さんがブログを更新されていました。⇒HMV渋谷閉店を考える
そして、このライブレポがUPLINKのWebDICEに上がっていました。
下でおとといUPした非常階段のインストア。私は野次馬根性丸出しで書いてますが(苦笑)それは、やっぱりお店に“思い入れ”ってのがそれほどなかったからなのか? とはいえ、CDを買う時は必ず渋谷で買ってたし、通販も普段HMVを利用することが多いのですがw

 私は10数年前までずっと福岡に住んでいました。よく通っていたレコード屋が、BORDERLINEジューク・レコード。他にもね、田口商店とかも行ってたけど。地元の音楽好きの人なら誰でも知ってる、私が語るまでもない有名なお店です^^ ま、この3軒に通ってたら、自然とロックが好きになると思いますw
中でもBORDERLINEの本店は家から一番近かったこともあり、よく通っていて当時の店長や社長とも仲良くしてもらっていたんですが、お店の人に薦められて買ったCDやレコードは数知れず。お店に行って、中古盤の試聴をしたり、スタッフといろんなことを話すのが楽しくて、閉店後に飲みに行ったり…。自分が今でも好きな音楽は福岡のレコード店で培われた、と言ってもいい。
 97年にNYに行っていた時も、私は休日に何をしてたかって一人でVillageを中心にマンハッタンのレコード屋めぐりをしていたのですが(笑) ある店で店番をやっていた全身黒ずくめ、髪は逆立ってる見た目めっちゃ怖そうなゴスな兄ちゃんが、カタコトの英語で在庫を尋ねる日本人にものすごく親切に応対してくれたり…でも、どの店でも「音楽が好き」ってことが分かるとお店のスタッフはWelcomeだったことが思い出されます。
 HMVのような大型店にそういう“売り方”を求めるのは筋違いかもしれないけど、昔は店員と客のコミュニケーションで聴く音楽の幅が広がって行っていたんですよね。その雰囲気だけでも、もうちょっとあったら、HMVに限ったことではないけど、お店を閉めなくてもよかったのかな? と思うのです。でも、そういうコミュニケーションって、今の若いリスナーは求めてないのかな?

そういや、福岡にHMVが初出店する時、普通に会社で働いていたんですが、レコード店で働くのも悪くないなと思って面接受けたことがあるんです(笑) 自分が勤務条件を飲めれば即合格だったのですが、一人暮らしをしていくにはかなり厳しい時給でw しかたなく諦めたことがありました。もしかしたら、HMVで働いてたかもしれない、と渋谷店の閉店を知って今更思い出しました^^;

ハイ・フィデリティ-特別版- [DVD]

ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

この映画、音楽やレコード屋小ネタ満載で、ヲタにはかなりツボでした^^
ジャック・ブラック、サイコー049.gif
[PR]
# by izuminz | 2010-08-24 01:16 | music
本日の先生動画 PARANOIAC LIVE

ん~この映像久しぶりに見た。先生動画っていうより大江動画って言ったほうがいいかな? PARANOIAC LIVEの映像色々上がってますねぇ。「Sad Song」の歌詞好きなんだよねぇ^^今度ビデオ引っ張り出して全編見てみよう。



[PR]
# by izuminz | 2010-08-22 23:53 | roosterz